パン屋の秘密工場

パン職人歴27年のベテランおじちゃんが、パン屋を夢見る子たちのために工場見学風に裏側を紹介していきます(たまにおじちゃんの独り言が混じってます^^)

ロボットにヤラレタ!【職人の魂が漂う未来予想図】

パン職人のおじちゃんです。

の頃、おじちゃんは思うんです。

 

職人とは何か?

職人とは

職人
職人
職人
職人

 

下積みに長い年月をかけて技術を身に付けた人。

熟練した技術をもって手作業で物を作る人。

 

和食の世界では【下積み3年】と言う言葉がありますが

今現代では、(パン屋を含む)下積みに3年もかかりません。

言うより!?

★3年持たない(辞めてしまう)

★早く教えないと、店が回らない(人で不足)

※これが現実・・・

職人芸

特に伝統的分野において、洗礼された技術を持った人

【人間国宝】とか

 

※野球界のイチロー選手も【職人芸】を持っていますよね。

 

職人気質(しょくにんかたぎ)

 ※おじちゃん今まで【きしつ】と読んでいたよ!

気質(かたぎ)なんだね!(*ノωノ)

気質とは

その職業特有の気性・習慣など。

 

職人気質とは

金銭的利益に関係なく、その技術を納得いくまでやり遂げるさま。

頑固が一番しっくりくる言葉かな?

頑固

頑固職人イメージ

弟子

 師弟関係・・・今ではあまり見ないのかな?

労働基準が厳しくなり、師弟関係よりも

【管理職と従業員】と言う関係になってしまったのかな?

 

先輩の仕事を見て覚える。昔の職人は教えてくれない

効率なやり方だったけど!

 

そこには日本人特有【無言の教え】があった。

 

☆ その技術を習得しったかったから必死に覚えた!

☆ 早く覚えて一人前として認めて欲しかった!

☆ 職人さんがカッコ良かったんだよ!

 

昔・・・

師匠「おい!いつまでやっているんだ!早く終わらせろよ!」

バシッ(蹴りが入る)

弟子『す・すみません!!』(ワタワタ・・)

 

このやり取りには、愛情とイジメがある。

 

情はその時には気付かないんだよね~

自分が職人として生きて行けるようになってから気付く。

 

昔は、愛情の方が多かったと思いますが

現在は、イジメとしてとらえることが多いのも事実。

イジメ

イジメ

まとめ

今の時代は(これかはもっと?)

職人になるという事が難しくなるのかな~

 

まず

〇 なりたいと思う人が少ない(人口も)

〇 労働基準が厳しくなった。

〇 無言の教えが通じなくなってきている。

〇 厳しさに耐えられない。

〇 職人の仕事が減って来ている。

〇 ロボットに負けている又は職人が必要ない

〇 職人より、ITの方が稼げる!!

〇 美味しい物は職人さんでしか作れない時代は終わった。

 

人ってなんだろう・・・

時代の激流が職人の時代を変えている。

 

ただ忘れてはいけない職人としての思いがある。

 

それは!

美味しい物を作り続ける技術を常に磨く!

 

でも、そのうちロボットに負けるんだよな~

AI

ロボットに負ける日

て・・・

カタカタとパソコンで仕事しようかな!