パン屋の秘密工場

パン職人歴27年のベテランおじちゃんが、パン屋を夢見る子たちのために工場見学風に裏側を紹介していきます(たまにおじちゃんの独り言が混じってます^^)

オバケと出勤 パン屋さん

チュンチュン・・・チュンチュン

外ではスズメのさえずりが聞こえる・・

 

カーテンを開けると、朝もやの中から眩しい光がさしてくる。

朝日

 「ふゥわ~」とあくびをしながら両手を上げ、

今まで静止疲労を起こしていた体を伸ばす。

 

【 良い朝だ~。】と!言いたいところだが!

それは、約5時間後の話だ・・・

 

現実は、カーテンを開けたら【真っ暗】だからすぐに閉める。

 夜

 

そう、おじちゃんの朝は【午前1時15分】起床。

一般的には深夜・・・

 

そこから身支度を消防隊並みに済ませ、おじちゃんが働いている

パン屋さんまで、原付で約15分。ブ~ン(法定速度でかっ飛ばす!!)

おじちゃん 

 

その途中、新聞配達の「おねえちゃん」をよく見る。

 

おっ!💛

 

新聞配達のおじさんではなく

【かわいいおねえちゃん】(女性が多い!)

新聞配達

 

それとPCに良く合う。

 

【そこの原付のおじさん止まりなさ~い。】

パトカー

※お願いだから職質は遅刻するから辞めて!

 

 

そして、オバケが良く出るといわれている

【午前2時】に出勤。

 

一度もオバケを見たことが無いけど、多分となりにいるのかな~?・・・

オバケだし・・・

オバケ

うらめしや~(タイ~ムカード押~すの~)

 

うちのパン屋さんは、朝が一番忙しい!!

 朝からMAXパワーにするため、頭の中では

映画【トップガン】の音楽を流している。

(おじちゃんはトム・クルーズ似だょ)

※稀にランナーズハイになる時があり、その時は無敵だ!

 

次々とプク~と膨らんで、美味しくなっているパン達を仕上げ

お店に並べていく。

 

パン

【いらっしゃいませ~】朝6時から、お客さんがやってくる。

 

パンの種類は120種類。菓子パン~ハード系のパンまで

色々あり【パンの百貨店】と呼ばれることがある。

 

そして、おじちゃんは27年のパンの技術を駆使しながら

今日も美味しいパンを焼き続けている・・・

おじちゃん

 

「おいしいパンはいかが~」