パン屋の秘密工場 

パン職人歴28年のベテランおじさんが、パン工場の秘密やパンの事・機械などを紹介していきます。メール会員様のお得情報もあり

コロナでパン屋さんは閉店してしまうのか?

こんにちは。店長です。

 

知り合いの一つ星レストランが閉店になりました・・・

 

コロナの影響です。

 

レストラン廃業

廃業

 

好立地なので、当然家賃が高い!

その家賃を補助金では賄えないし店を開けてもお客さんが来ない。

 

このままでは、支払いのみになってしまうので

苦渋の決断になりましたが閉店を決めたそうです。

 

今までの経験・修行してきたこと、従業員の事・・・

すべてがコロナという事で、断念せざるを得ない状況になってしまいました。

※宅配とかも考えたそうですが、家賃を考えると閉めた方が良いとの事

 

このコロナの影響で、職種をこれから考えて行かなくては、いけなくなると思います。

 

★ インバウンドを期待していた業種

★ レストラン・居酒屋

★ 駅ナカや商業施設内

 

コロナが収まったとしても、以前の様に回復するのか?

それとも、新たな新種が出てきて状況が悪化するのか?

 

それらを考えて、将来を考えて行かなくてはなりません。

 

 

パン屋では

 

東日本大震災の時、はじめの断線で電気が止まって機械が機能しませんでしたが、夜中に電気が復活して、何とかパンを焼くことが出来ました。

 

計画停電の時も早めにパンを焼いてしまい、対応していました。

この時、食パンが特に売れました。

 

れは、パンは保存が効くので、パンを焼くことが出来れば

計画停電で電気が使えなくても、家庭でも食べる事が出来るので需要がありました。

 

 

コロナでは、パンを袋詰めして対応。

緊急事態宣言で不要不急の行動が制限されてしまったので、外食を避け、宅配やパン(特に食パン類)で家で食べる事になりこちらも需要がありました。

 

 

災害・コロナでパン屋(立地にもよる)は影響を受けていません。

※直接災害にあった場合は除く

 

www.papan.tokyo

 

 

これから、レストラン・居酒屋などを職種として選ぶのは

リスクがあるのではないでしょうか?

 

ただし、パン屋が  安心 ていう事ではありません。

 

 

パン屋で特に必要なのは【小麦】です。

小麦が採れなくなれば、パン・ラーメン・うどんなど様々な食物に影響を及ぼします。

 

こで!

何が言いたいのかと言うと!

 

もし、【小麦が無くなったら】を考えておくという事です。

※リスクを減らす事を常に考えておく

 

リスクパン屋

危機感

 

小麦が無くなったら、米粉 を使います。

米粉にグルテンを添加すれば、パン?になるので大丈夫です。

 

 

らに、電気が使えなくなったら!

パン窯に薪を入れて、パン窯内の温度を上げれば、

パンを大量に焼くことは無理ですがパンを作れます。

※溶岩窯なので、溶岩が熱を吸収する。

 

 

イーストは、レーズンや果物からとれます。

 

など、何が起きても対応するという技術が、

これから必要になるのではないでしょうか?

 

 

コロナ禍で、色々な事が見直させれましたよね!?

 

★ リモートでも大丈夫

★ オフィスがいらない

★ 宅配でもいける

★ お店のあり方を考える様になった

 

など、今まで普通にやっていた事が出来なくなり

どうにかして、お店の存続・従業員の雇用を考えて行かなくなったからこそ! 

 

売り上げが上がった!というお店も少なくありません。

 

【 居酒屋 】でも売り上げが、上がっているところもあるんです。

 

の居酒屋はチェーンではなく個人店です。

日ごろから地域の方との交流もあり、【絆】を育んでいました。

 

 

 

パン職人を27年やっていますが、

このままでは、パンだけでは無理だと思っていますので

それなりに行動しています。(笑)

 

 

もし、今の職種がコロナ又は国のせいで危機になってしまった時に!

 

あなたは、どうしますか?

 

 

「緊急事態宣言のせいで!店の売り上げが落ちたじゃないか!!」

 

 

それとも・・・

 

「早く店を閉めた時間で、勉強しよう!」

 

 

もしくは!

 

「これで株や投資に専念できる!」

 

 

はたまた!

 

「特に変わりなし・・・」

 

 

今の現実は過去の自分の結果です。

 

何かのせいにするのは簡単ですよね。

 

 

さて!今日は何しようかな・・・・

 

筋トレ?勉強?バイト?寝る?その他・・・